赤ちゃんがいる家庭の水虫対策

水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報

赤ちゃんのいるご家庭に、水虫に感染している人がいる場合注意が必要です。水虫は大人だけでなく赤ちゃんにも感染するからです。赤ちゃんが水虫に感染した場合、もしくは水虫と似た症状がでたときはすぐに皮膚科で診察を受けるようにしてください。間違っても市販の水虫薬は・・・

水虫撃退!ワンポイント 新着記事

赤ちゃんがいる家庭の水虫対策

白癬菌が原因で起こる水虫は、もし家族に一人でもいたら感染するかもしれません。誰がかかっても水虫は厄介ですが、赤ちゃんにも感染するものなのでしょうか。水虫は湿気の多い部分にできるので、一般的には靴で蒸れる足に多く見られます。つまり、まだ小さな赤ちゃんには感染する心配はほとんどないということになります。


しかし、赤ちゃんの場合には接触性皮膚炎など、水虫と紛らわしい症状があらわれることもあります。素人が見ても判断がつかないことが多いので、症状があったらすぐに皮膚科に行ってください。皮膚科で調べてもらえば、皮膚に出ている症状が水虫なのか皮膚炎なのかが分かります。その上で赤ちゃん用の塗り薬を出してもらう必要があります。


絶対にしてはいけないのは、市販されている水虫の薬や、病院で処方された大人用の薬を塗ることです。敏感な赤ちゃんの肌にそのような薬を使うと、かえって悪化させることにもなりかねません。なお、水虫の患者がいる家庭では、特にお風呂場にあるマットに注意してください。


お風呂場は水虫の人が裸足で歩きますし、マットは湿気が多いので白癬菌が増殖します。マットは常に乾いた状態を保つと感染するリスクも低くなります。赤ちゃんへの水虫感染は、それほど過剰に心配をすることはありませんが、もしも何か気になる症状があらわれた場合には、自己判断をするのはやめましょう。

水虫 基礎知識

スポンサードリンク

Copyright 2008-2012水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報 All Rights Reserved.