水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報

水虫はタイプや症状によって治療法が異なります

水虫撃退!!基本的な治療方法

基本的に水虫完治は、根気強く治療に取り組むことが大切です。水虫の原因となる白癖菌は菌なので目には見えません。目に見えない敵と戦うのですから、油断は禁物です!例え見た目が綺麗になっても、白癖菌が体の中に潜んでいるケースもあるので、そこで治療を中断すると水虫は完治しません。自己判断で治療をやめるのは避けましょう。医者に完治したと診断されるまでは薬の使用を続けることが、水虫治療には大切です。

基本的な水虫の治療方法としては、乾燥している水虫には、液剤または噴霧剤が適しています。注意点としては、水虫の原因である白癖菌は目に見えないものなので、水虫の症状が現れている部分だけスプレーするのではなく、全体的にスプレーしましょう。患部がひび割れている場合は、軟膏を使用します。湿っぽくジュクジュクした水虫には軟膏やクリームタイプの薬を選択します。こちらも患部だけではなく、全体に塗るようにしましょう。脱脂綿などでにじみでてくる液体を拭き取ってから薬を塗ると効果的です。

足の裏にできる小水疱ができる水虫は、透明の液体が中にたまっている状態なので、消毒した小さな針を刺して穴を開け、そこに薬を塗った方が効果的だといわれています。また爪の水虫は、症状によっては飲み薬も併用することになるので、皮膚科での診断をおすすめします。

Copyright 2008-2012 水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報 All Rights Reserved.