水虫薬のタイプ別使用方法

水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報

水虫の治療薬には、クリーム、軟膏、液体などがありそれぞれ使用法などに違いがあります。

水虫撃退!ワンポイント 新着記事

水虫薬のタイプ別使用方法

水虫薬のタイプと使用法は様々です。水虫の治療には色々な薬が使用されますが、最も一般的なものは塗り薬でしょう。水虫用の塗り薬のタイプには3種類あり、水虫の症状や患部によって使い方が異なってきます。


まずクリーム状のものですが、若干の粘り気があります。皮膚への浸透力が強く水虫の種類を問わず効果をあげることができます。軟膏タイプのものは、クリーム状のものに比較するとより強い粘り気があります。傷がついて痛みを伴うような患部には、刺激が低い軟膏タイプの水虫薬が適しています。


液体タイプのものは、患部への刺激が強いものです。そのせいで悪化してしまった患部には使用することは出来ません。またこのタイプはアルコールを含んでいるために、速乾性があり使用感としてはさらりとしたものです。


いずれの水虫薬も白癬菌に対する抗菌作用を持っているので、その効果は大きなものが期待されます。またより効果を上げるためには、入浴後、清潔になった足をしっかりと拭いてから、患部に薬を塗ることです。


この時に注意しなければならないのは、水虫の患部だけに塗るのではなく、患部よりもやや広く塗ることと、指の間は入念に薬を塗ることです。また水虫の症状が無くなったからといって、すぐに薬を塗るのを止めるのではなく、少なくとも2か月は継続して薬を塗りましょう。怠れば、水虫の再発を招く恐れがあります。

水虫 基礎知識

スポンサードリンク

Copyright 2008-2012水虫撃退!水虫の症状と治療・薬の最新情報 All Rights Reserved.